メープル街道 厳選6つの紅葉スポット

ケベック・シティからナイアガラまで、セントローレンス川沿いの800kmに渡るメープル街道。カナダの首都オタワやトロント、モントリオールなど主要な街が連なる観光ルートで秋色に染まろう。

アルゴンキン州立公園

Algonquin Provincial Park

オンタリオ州最古の州立公園

7700?の紅葉の森が広がり、約2000の湖が点在する。サトウカエデの紅葉の美しさで有名で、メープルシロップの採取をヨーロッパ人に教えたのはここの先住民といわれている。車の場合は入園料($17.00)が必要だが、通り抜ける場合は必要ない。トロントから車で約2時間半。鉄道でのアクセスはない。

所在地:Ontario 60, Nipissing, Unorganized, South Part, ON K0J 2M0
ホームページ(英語):http://www.algonquinpark.on.ca/

モントランブラン(ローレンシャン高原)

Mont Tremblant (Laurentian Mountains)

世界的に有名な紅葉の名所

ローレンシャンはメープルや白樺が広がるなだらかな高原地帯で、のんびりとした雰囲気。湖や山など自然が豊富でメープル街道のなかでも屈指の紅葉の名所として知られている。モントリオールからリゾートの中心であるモン・トランブランまでの道のりにはダイナミックな紅葉が広がっている。途中のエステレルでは湖の湖畔から望む紅葉が美しい。モントリオールから車で約2時間。定期バスも運行している。

ホームページ(英語):https://www.tremblant.ca/

オタワ

Ottawa

街中の紅葉ならここが1番と評判

カナダの首都であるオタワもモントリオールやケベック・シティと同様に都会であるが、市内で紅葉も楽しめる。名所はユネスコ世界遺産のリド―運河沿いの遊歩道。オタワ川の対岸のケベック州、ガティノー郊外にあるガティノー国立公園は森や丘が広がる紅葉の名所として有名。オタワのダウンタウンから車で約15分。

ケベックシティ

Quebec City

メープル街道の東端

世界遺産にも指定されているケベック州の州都。紅葉のみどころは旧港からフェアモント・シャトー・フロントナックを見上げた場所。市内では限られた場所でしか見られないがオルレアン島など郊外まで足を伸ばせばさらに美しい紅葉が見られる。

イースタン・タウンシップス

The Eastern Townships

赤と黄色が混じった紅葉が特徴

アパラチア山脈の北端に位置する、牧歌的な風景が広がる地域で中心となる町はシェルブルック。ワイナリーや牧場もあり、ほかにもチーズや新鮮な農作物などのグルメも楽しめる。紅葉の穴場は国境に近いスキー場のオウルズ・ヘッド。シェルブルックの南にあるコーティクックは世界一長い吊り橋があり、紅葉の時期は特に美しいことで評判。モントリオールからマゴグの町まで車で約1時間半、ケベックシティからシェルブルックまで約3時間。

キングストン

Kingston

川沿いの風光明媚なリゾート地

オンタリオ湖から流れ出すセントローレンス川の始発点に位置するリゾート地。古くから軍事、水上交通の要所として栄えてきた。川を下ったエリアは2?もの川幅があり、大小合わせて1000以上もの島々が点在する。北米屈指の高級別荘地としても知られている。紅葉シーズンは空から風景を楽しむツアーも人気だ。トロントから車で約3時間。トロントからVIA鉄道で約2時間半。

よく読まれている記事