【重要なお知らせ】カナダ政府は新型コロナウイルス対策として、カナダ国籍者以外(カナダ永住者,航空クルー,外交官,カナダ国籍者の家族,米国籍者、就労ビザ、学生ビザを除く)の入国を7月31日まで禁止しています。14日間の自己隔離は8月31日まで継続されます。(更新:7月3日)

【2020.6.24】BC州政府は新型コロナウイルスによる段階的措置をフェーズ3に緩和しました。今日からホテルの営業が再開され、州内の旅行などが楽しめます。ホテルは宿泊人数の制限や、宿泊後48時間は使用しないなど厳しい衛生管理のもとでの営業再開となります

【2020.6.11】BC州政府はレストランでの営業を今までの定員数50%から100%に緩和しました。社会的距離を保つため透明のアクリル板などを設置し工夫を凝らしています。

【2020.5.19】BC州政府は新型コロナウイルスによる段階的措置をフェーズ2に緩和しました。今日からレストランや美容室の営業が再開されます。厳しい衛生管理のもとでの営業再開となります。

【2020.5.06】ほとんどの州では、今週から営業を再開するなど緩和していますが、引き続き海外からの渡航者に対する水際対策として14日間の自主隔離措置は継続しています。

カナダ旅行のための航空券手配

カナダ旅行の計画が決まったら、はやめに航空券の手配をしましょう。
航空券は30日前、60日前、90日前など早く購入するほうがお得なことも多い。
夏期や年末年始、ゴールデンウィークやシルバーウィークの連休などのピーク時に出発する人は予約のタイミングが最も大事です。

直行便のない都市が目的地となる場合は、乗り継ぎの国内線もスルーチケット(通しチケット)として取り、乗り継ぎの時間は余裕をみておきましょう。

例えばバンクーバー経由でカルガリーに行くとき、バンクーバーに着いた時点で荷物を受け取り、入国審査や税関審査を受けなければなりません。観光シーズンの夏休み期間は、入国審査に時間がかかるので、乗り継ぎの時間を多めにみておこう。

入国制限期間中の現在の運航状況はここをクリック(7月02日更新)

航空会社 出発都市 到着都市 運航
日本航空(JAL) 成田 バンクーバー 7月:週2便
全日空(ANA) 羽田 バンクーバー 7月:週3便

エアカナダ



成田 バンクーバー 7月:週7便
カルガリー 運休(※1)
モントリオール 未定
羽田 トロント 7月から運航予定を撤回(6/10付)
関西 バンクーバー 運休(※1)

(※1)夏期限定で毎年運航しているエアカナダの成田発/カルガリー行き、関西発/バンクーバー行きは2020年は運休が決まりました。

航空会社 出発都市 到着都市 運航
日本航空(JAL) 成田 バンクーバー 毎日1便
全日空(ANA) 羽田 バンクーバー 毎日1便

エアカナダ


成田 バンクーバー 毎日1便
カルガリー 期間限定
モントリオール 期間限定
羽田 トロント 毎日1便
関西 バンクーバー 期間限定

直行便がおすすめの理由!

直行便と経由便では疲労や心配も大きく違う。とくにカナダがはじめてという方には直行便がおすすめ。
台湾や香港、韓国などのアジアを経由したり、アメリカを経由することもできるが、飛行時間の疲れで置き忘れしたりするこもある。

カナダへの空路は、日本を北に向けて出発し北海道からベーリング海、アラスカをぬけカナダに飛んでくる。アジアを経由する場合は東に遠回りしすることにある。アメリカの場合はバンクーバーの上空を超えてアメリカの都市に到着し、さらに乗り継ぎ時間を待って引き返すことになる。