トロント・ピアソン国際空港

ナイアガラへの玄関口としても利用されるカナダ最大の空港、トロント・ピアソン国際空港(Toronto Pearson International Airport)。
空港の名前に付けられている「Pearson」は、カナダの第14代首相レスター・B・ピアソン氏。

日本からトロントへのアクセス

飛行機(所要時間約12時間)

日本からの直行便は羽田国際空港からエア・カナダが毎日1便運行している。
利用客が多い春休み、ゴールデンウィーク、夏期シーズン(特に7月?8月)、紅葉シーズン(特に9月下旬?10月上旬)、年末年始はチケットの入手が困難なので早めに予約しておこう。急な取り消しや変更のために保険に加入することもおすすめ。

東京からの所要時間は約12時間だが、トロントから東京へは逆風のため所要時間が約13時間かかる。

エアカナダのフライトスケジュールは、往路は夕方に出発して同日の夕方にトロント・ピアソン国際空港に到着する。復路は午後早めに出発して翌日の夕方に東京に着く。

トロント・ピアソン国際空港から市内へ

電車:UPエクスプレス=Union Pearson Express(所要時間約25分)

トロント・ピアソン国際空港とユニオン(Union)駅を結ぶ、2015年6月にできた新たな鉄道路線。トロント国際空港第一ターミナルの3階UP Express専用乗り場を15分おきに出発。途中停車駅はウエストン駅、ブロア駅の2駅で、ユニオン駅までの所要時間は25分。車両内は航空機並みのリクライニング・シートにテーブル、荷物用ラック、お手洗い、Wi-Fi完備と豪華装備。また車内でフライトにチェックインできるキオスクもある。

ホームページ(英語):https://www.upexpress.com/

タクシー/リムジン(所要時間約30分)

空港からタクシーとリムジンが出ています。
料金はタクシーが約60ドル、リムジンはタクシーの約1割増し。チップ(約10%を目安)に忘れずに。

タクシーを利用する時に心得
・お釣りがでないように用意する。
・お釣りがある時は、チップの額をはっきりと伝えお釣りを確認する。
(例:50ドル札しかなく、チップを含めて34ドル支払う場合は、Sixteen dollars back pleaseで伝わる。)
英語がわからないと思うと「お釣りはチップか?」と早口に英語で聞いてくるので注意!!!
・クレジットカードはスキミングされる可能性があるので絶対に使わないこと。

よく読まれている記事