バンフ国立公園入園料(Banff National Park Pass)

バンフ国立公園に入園するには、パークパス(入園許可証)を購入する必要がある。カナダやアメリカでは、ビジター向けサービスと施設管理のために、ほとんどの国立公園・国定史跡で入園・サービス料を徴収しています。バンフ国立公園パスはジャスパー国立公園、ヨーホー国立公園、クートニィー国立公園をふくむ4つの国立公園共通で、期限内は何度でも出入りできる。

レンタカーなど車で入園する場合は高速道路にある公園ゲート(料金所)で入園料を支払う。入園許可証は車のフロントガラスの内側に貼っておく。万が一、公園ゲート脇のレーンを通りゲートを通過してしまった場合は、バンフ市内の国立公園管理事務所(観光案内所)で購入できる。購入を忘れたまま滞在していると罰金が科せられるので忘れずに購入しよう。とくにレイクルイーズの駐車場や、主要な観光箇所で抜き打ちの検査を行っている。

日本からのツアーパッケージでバンフ国立公園に入園する場合、ほとんどのツアーには料金に含まれていることが多いが、個人旅行でシャトルバスなどを利用する場合は、事前にオンラインで購入するか、バスステーションや、到着後にバンフ市内の国立公園管理事務所(観光案内所)で購入する必要がある。

 

(*1)2017年7月01日のカナダ建国150周年を記念して、2016年の年間パスは購入日より2年間(24ヶ月)有効です。

カナディアンロッキーに7泊以上滞在する場合は年間パスが割安です。

オンライン購入ページ(英語):https://parkpass.banfflakelouise.com/
(オンラインによる割引はありません)

よく読まれている記事