イエローナイフで見るオーロラ

オーロラ観賞のパイオニア、世界一のオーロラ都市と呼ばれるにはワケがある

オーロラ・デスティネーションとして日本人にも人気の高いイエローナイフ。イエローナイフとその近郊でオーロラ遭遇率が高いのにはワケがある。オーロラが最も頻繁に出現する緯度60度〜80度のいわれる極北地方上空の「オーロラベルト」で頻繁に出現するといわれており、緯度69度のイエローナイフは、すっぽりとそのなかに入る。

しかも、海から離れているため雲が発生しにくく、晴天率も高い。さらに平地が広がり遮るものがないため、夜空に広がるオーロラを手に取るように鑑賞することが可能だ。

過去10年間の統計によると3晩続けてオーロラ観賞した場合の観賞成功率は95%、4晩では99%となっている。他の都市に比べ、日本人観光客が最も多くオーロラ観賞専用施設で快適な観賞が楽しめるのも大きなポイント。イエローナイフは、2004年放映のテレビドラマ「ラストクリスマス」(織田裕二・矢田亜希子主演)の舞台になった場所でもある。

 

オーロラは冬だけじゃない!

夏の夜空に広がる神秘的なオーロラ、湖に映し出される逆さオーロラ
夏のオーロラも大きな魅力。アウトドア・アクティビティと組み合わせれば、ダイナミックな大自然を体験できる旅を楽しむことができる。

冬のイエローナイフのアクティビティ

冬の定番のひとつは犬ぞり。現地オペレーターの「ベックス・ケンネル」では、さまざまなタイプの犬ぞり体験を提供している。
たとえば、夜であれば走りながらオーロラを追いかけるオーロラハンティングがおすすめだ。
また、完全氷結するグレートスレーブ湖でのアイスフィッシングも人気のアクティビティ。氷に穴をあけ、そこに釣り糸を垂らす。
ノーザンパイクのほかにタラ、マス、北極イワナ、ホワイトフィッシュなどの釣果が期待できる。
川や湖が凍ることで冬の間だけ出現するアイスロードも必見。イエローナイフから近郊に伸び、生活道路として使われるが、厚く氷結した道路を走るという日本では味わえない自然の力強さを体験することができる。
このほか、スノーモービルも代表的な冬のアクティビティ。特別な免許はいらず、全くの初心者でも簡単なレッスンですぐに乗れるようになる。

アイス・ロード

1月中旬から3月中旬のみ運行可能な極北ならではのハイウェイがアイス・ロード。文字通り「氷の道」。凍りついたグレート・スレイブ湖上に、さらに散水するなどして氷を厚くし、車の通行ができるようにしている。イエローナイフからは、アイス・ロードを通って6km離れたデタ村までこの氷の道が続く。市民の生活道路として、また鉱山に1年分の燃料や重機を運ぶための産業用道路として重要な役割を果たしている。入り口に通行可能な車両が表示されているのでチェックすること。

オーロラ鑑賞施設「オーロラビレッジ」

イエローナイフやその近郊でオーロラ鑑賞のベースとなる場所はいろいろあるが、そのなかでも施設が整い、快適な鑑賞環境を提供しているのがオーロラビレッジ社が所有する「オーロラビレッジ」。日本からのツアーでも多く利用されている。

敷地内にはティーピー(先住民が住居として利用していたテントでオーロラ鑑賞では待機場所として使われている)が並ぶ。サイズも2名から5名収容のプライベート・ティーピーから最大50名が入れる大型ティーピーまでさまざま。また、150名収容のダイニングホールやギフトショップまでそろう。

このほかオーロラ鑑賞だけでなく、極寒のなかで見られる不思議な現象を実演する極寒実験教室は、オーロラが現れるまでのアトラクションとして人気を集めている。

冬のオーロラのシーズンは11月中旬から4月上旬。一方、夏でも晴天率の高い8月下旬から9月末の期間はオーロラ鑑賞に最適な季節となる。オーロラは冬というイメージが強いが、最近では夏オーロラの認知度も上がってきた。

夏は気温的にも鑑賞しやすく、緑の光の帯が湖面に反射する神秘的な様子など冬とは異なる景色を楽しめる。グレートスレーブ湖でのオーロラクルーズなど夏ならではのアクティビティも訴求力は高い。

よく読まれている記事