モントリオールの旧市街のみどころ

モントリオール発祥の地である旧市街は、今もなお19世紀の古い路地や建物などが残されている。旧市街と呼ばれるエリアは、セント・ローレンス川沿い、マギル(McGill)、サン・ジャック(St. Jacques)、ベリ(Berri)の通りに囲まれた一帯。

地下鉄を利用していくにはスクエア・ビクトリア駅(Square-Victoria)、プラス・ダルム駅(Place-d’Armes)、シャン・ド・マルス駅(Champ-de-Mars)をいずれかで下車すれば良い。狭いエリアなので徒歩でまわれるが、見どころはたくさんあるので1日はみておいたほうが良い。旧市街を徒歩でのんびりと観光するには、プラス・ダルム駅で降りノートルダム通り沿いのノートルダム大聖堂(徒歩で約5分)と、そこから北へ徒歩7?8分にあるキュ市外の中心ジャック・カルティエ広場へ。モントリオール市庁舎もすぐ脇にある。

ジャック・カルティエ広場から歴史を感じさせる石畳のサン・ポール通り(Rue Saint Paul E)を北へ5分ほど歩くとノートルダム・ド・ボンスクール教会(Notre-Dame-de-Bon-Secours Chapel)がある。ここからシャン・ド・マルス駅までは徒歩約10分。

ノートルダム教会

Basilique Notre-Dame de Montréal

1829年に建てられたゴシック様式の重厚なカトリック教会。モントリオールで、最も有名な宗教建築でもあり、カトリックの教会としては北米最大規模。2つの尖塔は高さ約69 mあり、それぞれ節度と忍耐を意味する。東塔には10個の鐘からなるカリヨンが、西塔には重さ11トンもの大鐘が納められている。黄金の祭壇がある聖堂内部は、美しいステンドグラスが飾られ、差し込む光が聖堂内部を照らし、エメラルと色の天井を映し出す。カナダ国内最大級の7000本のパイプをもつパイプオルガンがあり、年間を通してコンサートや結婚式が行われている。
モントリオール交響楽団によるモーツアルトのコンサートや、クリスマスコンサートは
夜は年間を通して光と音楽のショー「And Then There Was Light」が開かれている。料金は大人約10ドルで子供は半額。

大聖堂前のダルム広場は、1642年に数十人のフランス人を引き連れたメゾヌーブがフランス人居住地ビル・マリー(現在の旧市街)を築いた場所とされ、モントリオール発祥の地をいわれている。広場の中央にはフランス国旗をあげる彼の像が立っている。

ホームページ(英語):http://www.basiliquenotredame.ca/

ジャック・カルティエ広場

Place Jacques-Cartier

旧市街の中心的な広場。ノートルダム通り沿いのモントリオール市庁舎の前に立つトラファルガー海戦で活躍したイギリス海軍の英雄ネルソン提督の像が目印。そこから旧港へむかって緩やかな下り坂で細長くのびており見晴らしもよい。かつては公共市場として賑わい、今なお広場には花やフルーツスタンドがあり、広場を見渡すようにカフェが軒を並べている。夏には大道芸人が出て賑わう。

所在地:333 Prospect St, Niagara Falls, NY 14303
ホームページ(英語):https://www.niagarafallslive.com/cave_of_the_winds.htm

ノートルダム・ド・ボンスクール協会

Marguerite-Bourgeoys Museum Notre-Dame-de-Bon-Secours Chapel

1655年にモントリオール初の教師であるマルグリット・ブルジョワ(Marguerite Bourgeoys)により創設されたカソリック教会。1754年に当時木造だった教会は火事になり1771年に再建された。船が入港する際の目印ともなった教会は、別名「船乗りの教会」としても知られ、天井には、船乗りたちが航海の安全を祈願した船の模型が下げられている。建物内にはマルグリット・ブルジョア博物館(Marguertic-Bourgeoys)があり、マルグリットに関する資料があるほか、博物館内から尖塔の上に出ると旧校の眺めを見渡すことができる。

ホームページ(英語):http://www.marguerite-bourgeoys.com/

モントリオール郊外の見どころ

ダウンタウンの西側にそびえる小高い山、モン・ロワイヤルには、有名な巡礼地サン・ジョセフ礼拝堂がある。北にはパルク・オリンピックを中心に、バイオドームや昆虫館などユニークな見どころが集まっている。地下鉄を使えば15分ほどの距離だ。

モン・ロワイヤル公園

Basilique Notre-Dame de Montréal

モントリオールという名の由来にもなった小高い丘で、ダウンタウンの西側にそびえる標高232mのモン・ロワイヤル(Mr. Royal)の山頂に広がる公園。シャレー展望台(Chalet du Mont-Royal)からは、モントリオールの町並みが一望できる。広大な公園は市民の憩いの場として、ジョギングやサイクリング、冬はカストール湖(Lac aux Castors)でアイス・スケートを楽しんでいる。

ダウンタウンのフェアモント・クイーン・エリザベス・ホテル(Fairmont The Queen Elizabeth Hotel)からピール通り(Rue Peel)を北に歩いて徒歩で約40分。公園につくと200段ほどの急な階段がある。

大聖堂前のダルム広場は、1642年に数十人のフランス人を引き連れたメゾヌーブがフランス人居住地ビル・マリー(現在の旧市街)を築いた場所とされ、モントリオール発祥の地をいわれている。広場の中央にはフランス国旗をあげる彼の像が立っている。

聖ジョセフ礼拝堂

Saint Joseph’s Oratory of Mount Royal

モン・ロワイヤルのふもとに立つカトリック礼拝堂で年間200万人以上が巡礼に訪れる。。多くのケガが病気を治したとされ、歩けない人を歩けるようにしたという奇跡の人、アンドレ至福修道士の聖地。もともとは小さい礼拝所だったが、彼の死後、多くの人の熱意で1942年から18年の月日をかけて完成したイタリア・ルネッサンス様式の建物。高さ44 mのドームはモントリオールの最高地点(263 m)にあり、ここからの市内の眺めはすばらしい。

ホームページ(英語):http://www.saint-joseph.org/

よく読まれている記事