カナディアン・ロッキーを代表する湖『レイク・ルイーズ』

カナディアン・ロッキーのハイライト『レイク・ルイーズ』

バンフとジャスパーを結ぶ国道93号線(アイス・フィールド・パークウェイ)沿いには、カナディアン・ロッキーの観光ポイントが集中している。なかでもレイク・ルイーズ周辺は、カナディアン・ロッキ観光のハイライトのひとつ。

バンフの町を基点として1日かけてレイク・ルイーズ周辺と北のコロンビア大氷原周辺を見てまわり、またバンフに戻って宿泊というパターンが一般的。ほとんどの見どころは、このコースでまわることができるが、モレーン湖やヨーホー国立公園もまわってみたい。時間に余裕があればジャスパーまで足をのばしてみるのもいい。レイク・ルイーズは、バンフから約56km約1時間30分で着く。カナディアン・ロッキは季節によって、その表情がまったく異なる。観光シーズンは6月~9月だが、雪が覆ったロッキー山脈の冬も魅力がある。

 

レイク・ルイーズ・ジャンクション

トランス・カナダ・ハイウェイ沿いにあるレイク・ルイーズ・ジャンクションを起点にするといい。レイク・ルイーズ湖畔にはホテル以外は何もないので、必要なものはここで調達していこう。ここから、レイク・ルイーズまでは4km、モレイン湖までは約11km。市バスはないので、タクシーしかない。レイク・ルイーズ・ジャンクションには長距離バス発着のためのバスディーポ、観光案内所、ショッピングモールがある。