世界三大瀑布と呼ばれるだけの魅力がある『ナイアガラの滝』

地響きのような音と共に流れ落ちる「轟く水」

世界3大幕府をひと目見ようと、世界中から年間約1500万人の観光客がナイアガラの滝を訪れる。

ナイアガラの滝は、ゴート島を挟んでカナダ滝(Canadian Horseshoe Falls)落差54m、幅670mと、アメリカ滝(American Falls)落差34m、幅320mに大きく二つにわかれる。アメリカ側にはもう一つ、ルナ島を挟んでブライダルベール滝(Bridal of Veil Falls)落差34m、幅15mがある。

アメリカからは日帰りでナイアガラの滝を観光するツア-バスなどもでているので、ニュ-ヨ-クに宿泊した際には是非ナイアガラの滝まで足を運んでみる価値がある。

ナイアガラの滝の誕生は、約 1万2000年前の氷河期にまでさかのぼる。氷河が削った断層に滝ができ、最初に形成された場所は現在の場所からナイアガラ川下流13kmにあるクインストン・ ハイツにあるナイアガラ断層で形成された。その後、1年間に約1m侵食され現在の場所まで移動した。ナイアガラの滝は年間約2cm侵食が進み、数千年後にはナイアガラの滝がなくなると予想されている。
ナイアガラの滝の水源は、上流にある4大湖(スペリオル湖、ミシガン湖、ヒーロン湖、エリー湖)から流れてきている。ナイアガラ瀑布を流れ落ちた水はナイアガラ川を下りオンタリオ湖へ注ぎ、セント・ローレンス河を経由し大西洋に流れる。

かつて先住民が「オンギアーラ」(轟く水)として崇めてきたこの滝は、今も衰えることなく、訪れる人を圧倒している。大自然の途方もないエネルギーを生み出す大瀑布「ナイアガラの滝」、その壮大なパノラマに圧倒される遊覧船や、滝の裏側に出るツアーヘリコプターによる遊覧飛行など、様々な方法で楽しめます。

ナイアガラの『エリア』と『テーマ』

ナイアガラの滝の中心は、目抜き通りのビクトリア通り(Victoria Ave.)と、アミューズメント施設が建ち並ぶクリフトン・ヒル(Clifton Hill)あたり。

フォールズ通り(Falls Ave.)には、ナイアガラ滝周辺で人気が高い高級ホテルのシェラトン・オン・ザ・フォールズや、カジノ・ナイアガラなど華やかな雰囲気。

ナイアガラの滝周辺の小高い丘になったフォールズ・ビュー地区はホテルが集中している。なかでもナイアガラ・フォールズビュー・カジノ・リゾートは、大型カジノ施設のほかに、ホテル、ショップやレストラン、ミュージアム劇場、スパまで揃ったビッグリゾートとして注目を集めている。

ナイアガラの滝のまわり

ナイアガラの滝のビューポイントやアトラクションは、ナイアガラ川沿いの広範囲に点在しているが、起点となるのはカナダ滝正面のテーブルロック・コンプレックス

建物前のテラスは、豪快に流れ落ちるカナダ滝をすぐそばで眺められる1番の人気ポイント。建物内には観光案内所や売店、レストラン、カナダ滝の真裏をのぞけるジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズへの入り口もある。

ひとしきり滝を満喫したら、バスなどでナイアガラ・クルーズ、グレート・ゴージ・アドベンチャー、ワールプール・エアロ・カー、ナイアガラ・ヘリコプターなどの体験型アトラクションへと出かけたい。

ふたつの滝を一望するならスカイロン・タワーか、インクライン・レイルウェイ(Incline Railway)で崖上のミノルタ・タワーへ。

ホテルやレストランも滝を中心に集まっているので、純粋に滝を楽しむだけなら徒歩で1日あれば充分。テーブルロック・コンプレックスからナイアガラ・クルーズ乗り場まで、川沿いを歩いて20分ほどだ。

徹底的に滝を楽しみたいなら、国境にかかるレインボー橋から徒歩でアメリカへ渡るのもおすすめ。プロスペクト公園からゴート島、ルナ島へと足を延ばせば、アメリカ滝、カナダ滝の両方を間近に楽しめる。アメリカ側に渡る場合は、さらに最低半日は必要。

ナイアガラ・パークウェイに沿って

ナイアガラの魅了は滝だけでなく、四季の花々が清々しいナイアガラ・パークウェイ沿いはすばらしい。

ボタニカル・ガーデンに代表される庭園はもとより、その北に続くうっそうとした緑の大木が影を落とす豪華な邸宅街は、このエリアの美しさを存分に味わえる所。どれも園芸農家だと聞けば、この土地の豊かさがわかる。緑麗しいドライブの途中には、ウェイサイド教会などの史跡も点在している。

ナイアガラ・パークウェイをさらに北上すると、ほどなく到着するのが古都ナイアガラ・オン・ザ・レイク。さらに西にはワイナリーの点在するナイアガラ・ワインルートが広がる。

ナイアガラを動画で旅してみる!

よく読まれている記事