カナディアンロッキー最大の洗練されたリゾート『バンフ』

雄大な自然の懐に抱かれたカナディアンロッキーの拠点

朝もや煙る町なかを飛び跳ねるように横切る動物たち。昇ったばかりの太陽が、万年雪を身にまとった山々を照らし出し、透き通る湖にその姿を映し出す。風景すべてが絵ハガキのように美しいバンフ国立公園にあり、神々の化身のような壮麗な姿で立つランドル山とカスケード山に抱かれたカナディアンロッキー観光の中心地だ。
バンフの歴史は、1883年にカナダ大陸横断鉄道の建設にたずさわっていた鉄道工夫たちが洞穴の中にわきでる硫黄温泉を発見したことに始まる。その後1885年、カナダ政府はここを中心とする温泉一帯26km²を指定保護区とし、翌1887年にカナダ初、世界でもアメリカのイエローストーン、オーストラリアのロイヤルに次ぐ3番目の国立公園に指定。その後も指定地域が広がり現在では6641km²(栃木県の面積と同じ)の広さをもつ広大な公園となるに至った。

 

リゾート感覚あふれる山ありの町は、バンフ通りを中心にみどころが点在

バンフは人口約7000人のこじんまりとした町。バンフ市内の区画は、ボウ川の南側がリゾートエリア、ボウ川の北側が庶民が暮らすダウンダウンと区分し、1888年、バンフを代表するリゾートホテル、フェアモント・バンフ・スプリングスがボウ川の南にオープンした。中心街はバンフ通りを中心に広がる数ブロックの狭い範囲で、30分もあるけば町を通り抜けてします。バンフ通りにはレストランやみやげ物屋が集中している。どの建物もロッキーの自然に溶け込むような温かみのある外観で、ほとんどが2階建てだ。これは国立公園内ではそれ以上の建物が規制されているためで、カナダではいかに自然との調和が重視されているかがわかる。バンフ・ダウンタウンの通りの名前は、ほとんどが動物の名前になっている。ムース通り、エルク通り、ラビット通りなど。

バンフを動画で旅してみる!

よく読まれている記事