滝を眺める絶好のポイント

ナイアガラ滝の見どころは、さまざまな角度から滝を眺められるポイントが中心。タワーや展望テラスの上から見下ろしたり、反対に船に乗って滝つぼ近くまで行き豪快に流れ落ちる滝を体で感じる。瀑布の裏側に入って膨大な水のエネルギーを体感するなど、選択の幅も広い。カナダ側ばかりではなく、アメリカ側からの眺めも味わいがある。秋の紅葉や、冬の氷結した滝も素晴らしい。

テーブル・ロック

Table Rock

ナイアガラの滝の真横にあり、かぶりつきで眼下にナイアガラの滝を望む絶好の展望デッキ。いつでも訪れることができることから、世界中からの観光客で季節を問わず賑わっている。カナダ滝にテーブルのようにせり出しており、悠然と流れる川の水が一気に流れる大自然の迫力を間近で感じられる。

このあたりは1年中霧雨や豪雨が降っているが、これらは1秒に370万?という膨大な量の滝の水しぶき、そして上がりゆく水蒸気でつくられる雲からの雨だ。
脇には観光案内所や、滝を眺めながら食事ができるレストラン(Elements on the Falls)もある。

所在地:
ホームページ(英語):

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ

Journey Behind the Falls

ナイアガラの滝を真横と裏側から眺めるアトラクション。テーブルロック脇のテーブルロック・コンプレックス建物内で入場券を購入して入り口まで進む。エレベーターで38m地下に降りると、1889年に調査用として掘られた全長46mの地下通路を通って滝の真横のデッキに出る。途中二ヶ所のビューポイントからカナダ滝裏側を見ることができる。滝の裏側はどうなっているのか・・・といった好奇心がエネルギーになって掘られたのが1889年というから驚きだ。

先住民族が「滝の雷」とよんだほど轟音と水しぶきに凄まじい滝のパワーが実感できる。入場時に使い捨てのポンチョを渡されるが、ずぶ濡れになるのでカメラはビニール袋で保管し、タオルも用意した方が良い。

ナイアガラ・ヘリコプター

Niagara Helicopters

雄大なオンタリオ湖、トロントの高層ビル群、そしてナイアガラの二つの滝が眼下にひろがる約9分の空の旅。雄大な水が流れ落ち、水煙が高く上がるのを見下ろす時、息をのむのどの感動に全身を揺さぶられる。紅葉の時期なら、燃え上がる大地と滝の白さとのコントラストも見事。日本語のガイド・テープも用意されている。
※乗り場は、ピープルムーバーのWhirlpool Aero Car停留所から徒歩5分。特に予約の必要はないが、早めの予約をお勧め。天候により飛行可能かどうかは、事前に電話で確認が出来る。

所在地:333 Prospect St, Niagara Falls, NY 14303
ホームページ(英語):https://www.niagarafallslive.com/prospect_point_park_in_niagara_falls_new_york.htm

スカイロン・タワー

Skylon Tower

カナダ滝、アメリカ滝の両方を見下ろす地上160mの展望タワー。高台にあるので滝からの高さは236mにもなる。ガラス張りのエレベーターで一気に上ると、ナイアガラの滝はもちろん、周辺の景色もここからみるのが一番と言われている。天気のいい日にはトロントやバッファローの町まで見渡すことができる。夏シーズン中はいつもかなり混雑しているので早朝がおすすめ。展望の回転レストランも夜は特に混みあっているので予約は早めにとっておこう。

ホームページ(英語):http://www.skylon.com/

ミノルタ・タワー

Minolta Tower

1962年建造の高さ99mのタワー。高さ160mのスカイロンタワーに比べると低いが、カナダ滝に近く、適度な高さで迫力を肌で感じられる。28階が展望台、29が屋外展望台もあり、ここからは360度の大パノラマで、滝や周囲の景色を見ることができる。1階にみやげ物屋、上層階にはレストランやバーチャル。リアリティを応用したアトラクションなどもある。

住所:6732 Fallsview Blvd, Niagara Falls, ON L2G 3W6

よく読まれている記事