オーロラ観賞率が高い『イエローナイフ』

オーロラのゲートウェイ「イエローナイフ」の大自然に魅せられる

イエローナイフは北緯62度27分の極北にあるノースウェスト準州の州都。

総面積は日本の約4倍近くの134万6106km²もの広大な面積と、世界有数の長さを誇るマッケンジー川をはじめ、多くの湖を有するなど手つかずの大自然が広がっている。

永久凍土の土地が果てしなく続くイエローナイフでは、犬ぞりやスノーモービル、ホエールウォッチング、氷山ウォッチング、水上飛行機やカヌーなど、ワイルドなアクティビティが盛んだ。

準州全体の人口はわずか4万2600人程度で、州都イエローナイフはノースウエスト準州の南、グレート・スレイブ湖の湖畔に位置し、約2万人弱がここに暮らしている。

夏は平均気温21℃と過ごしやすく、真夜中も明るい白夜を経験することもできる。ダウンタウンにはレストランやショッピングセンターもあり、先住民であるイヌイットをはじめ、ネイティブ・カナディアンの絵画や彫刻などのネイティブ・アートのショッピング、カリブーのステーキといった、イエローナイフならではの料理も楽しむことができる。

イエローナイフの歴史は19世紀に金の鉱脈が発見されゴールド・ラッシュで人口が増えたことにはじまる。ヨーロッパ人をはじめ民族構成は多様で、11の公用語のうち主に8つの言語が多く使われており、独特の文化を作り出しているのも特徴だ。先住民デネ族が使っていた銅や鉱山採掘で使用された銅製ナイフの色からイエローナイフと名付けられた。

この地は地下資源が豊富で、1933年に金鉱が発見され、その後さらに銀、ニッケル、タングステンなども採掘され、鉱業の町としても発展しました。1991年にはイエローナイフの北300kmのところにダイヤモンドの鉱脈が発見され、1998年から操業を開始。イエローナイフは別名”ダイヤモンド・キャピタル”とも呼ばれ、2000年初頭にはジュエリーで有名なティファニーの自社研磨工場も存在した。

かつてはゴールドラッシュに沸いたイエローナイフは、現在では「世界で一番オーロラが見られる街」として観光客を楽しませてくれる。カナダを代表する観光デスティネーションで毎年冬は日本から多くの観光客が光の芸術「オーロラ」を見ようと訪れる。

ダイヤモンド

1990年代初頭にノースウエスト準州でダイヤモンドが発見されて以来、ダイヤモンド産業は成長を遂げ、現在では時価ベースで世界第3位のダイヤモンド産出国となっています。
この地で採掘されたダイヤモンドは透明度が高く、品質の高さには定評があります。
また2014年5月にはこのダイヤモンド鉱業を紹介するためにイエローナイフのダウンタウンにダイヤモンドセンターがオープンしました。ここではダイヤモンド鉱山の採掘の様子や粗い石から美しいダイヤモンドに変わっていく研磨作業を見学することができ、その場でダイヤモンドを購入することもできます。

イエローナイフを動画で旅してみる!

よく読まれている記事