バンクーバー市内の移動手段

バンクーバーの主な交通機関は、グレーターバンクーバー交通公団が運営するTraslink社(トランスリンク)が市バス、スカイトレイン、シーバスを運行している。これらの交通機関が発達しているので、市内はこの3つがあればどこへでも行ける。しかし、バンクーバーは特に旅のリピーターが多く、最近は長期で滞在するケースも目立つ。市内から少し足を伸ばすなら、レ ンタカーかカーシェアリングがオススメ。

トランスリンク社:https://www.translink.ca/

料金とチケット

市バス、スカイトレイン、シーバスを運営するトランスリンク社はゾーン制と呼ばれる運賃制度を採用している。これはバンクーバー都市圏を1ゾーンから3ゾーンまでの3つの区域に分け、区域内は市バス、スカイトレイン、シーバスのどれを利用しても同一運賃としており、区域をまたぐごとに2ゾーン運賃、または3ゾーン運賃と上がるシステム。 料金は大人、学生、児童、シニアなどに区分けされているが、これらの運賃は曜日や日時によっても特典があるので詳しくはオフィシャルサイトをチェックしよう。
また、チケットはシングルチケットのほか、バスパスと呼ばれる1カ月定期券や、1日乗り放題のDay Pass(デイバス )やお得なFare Saver(フェアセーバー)のような10枚綴りの回数券などもある。回数券使用の場合は、自動券売機のそばにある青い「Ticket Validator」の機械にチケットを差込み、日にちと時刻を打刻してから使用すること。

チケットの購入

チケットは市バス車内・シーバス発着港・スカイトレイン各駅で販売するほか、1ヶ月定期券(パスパス)、一日乗車券(デイパス)、10枚綴りの回数券はコンビニエンスストア(セブンイレブン)やスーパー(セーフウェイ)、ドラックストアー(ショッパーズ・ドラッグマート)などで購入できる。
市バス車内で購入する場合は、前から乗車しドライバーの横にある料金箱にお金を入れるとチケットが出てくる。これをトランスファー・チケットを呼ぶ。トランスファー・チケットは同じゾーン内であれば90分間有効なので無くさないようにしよう。気をつけることは、市バス車内でチケットを購入する場合はお釣りが出ないので小銭を用意すること。
自動券売機でチケットを購入する場合、まず「Single Fare Ticket」から行きたい場所のゾーンを選ぶ。ゾーンのボタンを押すと金額が表示されるので指定された金額を投入するとトランスファー・チケットがでる。

乗り換えについて

トランスリンク社が運営する市バス、スカイトレイン、シーバス間は90分以内なら同じゾーン内であれば相互に乗り換えができる。これにはトランスファーチケットが必要になる。トランスファーチケットは、はじめの運賃を支払う際に受け取るチケットのこと。 例えば、市バスからスカイトレインに乗り換える場合は、スカイトレインには改札口がないので有効なトランスファーチケットを持ったまま乗車すればいい。シーバスへの乗り換え時は、改札にいる係員にチケットを見せればよい。バスからバスへと乗り換える場合や、シーバス、スカイトレインから市バスに乗り 換える場合は、チケットを料金差し入れ口の横にある改札機に通す。

市バス ・・・COAST MOUNRAIN BUS COMPANY

北はノースバンクーバー、南はデルタ、ホワイトロック、東はポートコキットラム、西はリッチモンドまでとバンクーバー都市圏ほぼ全域をカバーしている。路線バスや急行バス、長距離高速バス、コミュニティ・シャトルなどの路線をある。殆どの路線は早朝から深夜まで運行しており、朝夕は5-10分おきに、それ以外でも30分おきに運行しているので非常に便利だ。ダウンタウン内は主要ルートの多くがグランビル通りかバラード通りを走っているので、市バスでの観光はこれらの通りを起点に考えるとわかりやすい。
バスの乗車は前方からで、市バス車内でチケットを購入する場合は、ドライバーの横にある料金箱にお金を入れるとチケットが出てくる。但し、お釣りが出ないので小銭を用意すること。トランスファーチケットがある場合は、ドライバーの横にある料金箱にお金を入れる直ぐ横にチケットの差込口があるので、そこでチケットを通す。
下車時は窓の横にあるひもを 引っ張って知らせるか、通路の横か出口付近にある、ポールについた赤いストップボタンを押す。出口は前方または中央を利用する。バス停には名前が付けられていないが、すべての通りに名前の表示があるので位置を確認できる。

シーバス ・・・SEABUS

バラード入り江をはさみダウンタウンのウォーターフロント・ターミナルと、ノース・バンクーバーのロンズデールキー・ターミナルを結ぶ定員400人乗りのフェリー。運行時間は早朝から深夜までで、平日は15分間隔で2隻のフェリーが交互に運行している。フェリーの乗船時間は約10 – 12分で、乗客の乗り降りが3 – 5分でおこなう。
シーバスの乗船には2ゾーンのチケットが必要になる。船内からはダウンタウンやスタンレー 公園、ライオンズゲート橋の眺めがいい。自転車の積み込みも可能。

スカイトレイン ・・・SKY TRAIN

スカイトレインは、エキスポ・ライン、ミレニアム・ライン、カナダ・ラインの3路線がある。共にコンピュータ制御の無人運転の鉄道でダウンタウンでは地下を走るが、そのほかの地域では高架を走る。車両は2両から4両編成で2-5分間隔で運行しており、停車駅が近づいてくるとアナウンスがながれる。時間が来ると車内で発車サイン音が鳴り、ドアが自動的に閉まる。1車両2台まで自転車の積み込みも可能。駅には駅員がいないことから、エキスポ・ラインとミレニアム・ラインはあまり治安が良くない交通機関とされたため全駅構内に防犯カメラを設置しスカイトレイン警察隊(鉄道警察)が結成された。車内には無音アラームという身に危険が迫った場合でも犯人に気づかれること無く通報できるシステムがある。窓枠の黄色いストラップ上のボタンを押すことで作動し、数分で係官が現場に急行するとされている。また、治安上の理由から、駅には化粧室が設けられていない。

エキスポ・ライン ・・・・・Expo Line

ダウンタウンにあるウォーターフロント駅から、終点はサレー市のキングジョージ駅を結ぶ。名前の通り、スカイトレインは1986年にバンクーバーで開催された国際交通博(Expo 86)にあわせて1985年に開通した。これは中規模都市のためのマス・トランジット・システム(大量交通機関)のモデルとして完成した。

ミレニアム・ライン ・・・・・Millennium Line

ダウンタウンにあるウォーターフロント駅からエキスポラインの途中駅、コロンビア駅から分岐して環状に進み、VCC-クラーク駅 まで行く。2002年に開通。

カナダ・ライン ・・・・・Canada Line

2010年の冬季バンクーバーオリンピックにむけて開通した空港のあるリッチモンド市とダウンタウンを結ぶライン。

レンタカー

バンクーバー国際空港はもちろん、ダウンタウンにもたくさんのレンタカーショップがある。
Alamo / Avis / Budget / Hertz / National / Hertz/ Thriftyが利用できる。車とカーフェリーを有効につかって、旅を楽しむのもいい。

カーシェアリング

長期滞在者にはカーシェアリングもおすすめ。レンタカーのように不特定多数が利用するシステムではなく、予め登録した会員だけが利用できる自動車を貸し出しするシステム。時間設定は1時間から1日単位まで様々。空車状況や予約は電話またはオンラインでできる。

タクシー

バンクーバーには流しのタクシーも多く、ダウンタウンであれば簡単につかまえられるが、観光客の場合は安心して 利用するためにホテルからの乗車がいい。

よく読まれている記事